自然の中に住み、自然を描く、寺尾一郎のクレヨン画

大島

大島

伊豆七島の一つごご覧の大島。 伊豆半島の中では富戸の城ヶ崎海岸あたりが一番距離としては近くになります。 といってもこの間の海峡は大凡25キロの距離があり、午前中と午後では海流の流れが逆になります。 まさに下関の壇ノ浦と同じ現象といってもよい …

磯遊び

磯遊び

小学生時代に毎年夏休みになると伊豆半島の白浜海岸に遊びにいきました。 満ち潮時に溜まった海の水が、引き潮のときにも、こうして溜まった場所に意外にもいろいろな海の生物がいるのに改めて驚かされます。 フナムシやフジツボなどがいたり、蟹も沢山いて …

江川英龍

江川英龍

  皆さんはこの銅像の江川英龍(ひでたつ)というお方をご存知でしょうか。 幕末動乱期の中であまり脚光を浴びる人ではありませんが、大変な傑物。 あの「安政の改革」で幕府内部で大活躍した阿部正弘という老中がいます。 彼は横暴をふるった …

いがいが根の野良猫

いがいが根の野良猫

いがいが根にはあちこちに野生の野良猫がそこかしこでくつろいでいます。 恐らく観光客が手持ちの餌をあげたりしているからなのかどうか、結構近くまで寄っても怖がって逃げたりするそぶりを見せません。 猫好きの方にはたまらないスポットかもです。

いがいが根

いがいが根

城ヶ崎海岸の一部に「いがいが根」というところがあります。 先日のコラムでご紹介した大室山の噴火の際に流れ出した大量のマグマが急激に冷やされたところ。 ネズミが大好きな穴あきチーズのような感じの岩石がごろごろと転がっており、出かけるときはスニ …

大室山

大室山

皆さんは東伊豆方面に出かけた際に、必ずといってよいほど、この親しみがもてるお椀をさかさまにおいたような山を目にすると思います。 大室山(おおむろやま)といって、約4,000年前に噴火して、多孔質の岩石を大量に噴出して累積したことで出来上がっ …

房総半島先端

房総半島先端

伊東市内から国道135号線を下田に向かって下ると、 右手に相模湾が一望のもとに見渡せる箇所がでてきます。 晴れて空気が澄んだ日には目と鼻の先に房総半島の先端、野島崎までが綺麗に。 直線距離にしてわずか80キロ足らず。 その昔、蛭ヶ小島(現在 …