自然の中に住み、自然を描く、寺尾一郎のクレヨン画

DSCF2001

FBの友人が飼われていた飼い猫を依頼を受けて描いた作品。白い猫をクレヨンで描くのは初めての体験だけに陰影をつけるのにかなり苦労してしまいました。動物は目も大切なのですが、じっくり観察して感じたのは意外にヒゲが重要なポイントになることが判明。下地を白のクレヨンでサーフェイスしているので、息を止めて慎重にカッターナイフの先端を使ってわずかに削ることでヒゲの質感を出してみました。