自然の中に住み、自然を描く、寺尾一郎のクレヨン画

33643dc959b6b5463b3ab6c05bb8d2f2_R

3度の飯より大好きな日本史、とくに激動の戦国時代と幕末から明治維新にかけては相当な気合いを入れて勉強してきました。

そんな中、英雄としての知名度、人気ともに抜群な坂本龍馬ですが、実は意外にも明治政府になったとたんに闇の中に葬られていたことは皆さんもあまりご存知ないのではないでしょうか。

まずは、彼が何者かの手によって暗殺されたがゆえに、明治政府における彼の歴史的位置というものがなきに等しかったということが一因かもしれません。

しかしどうやらその本当の理由はもっともっと根が深いところに存在しているといわざるをえません。

明治時代の政治的な動きを見ても、明らかに彼の名前を口に出すこと自体がタブーになっていたように思います。

まずその理由のひとつが明治国家が薩摩と長州のものであってそこには土佐のメンバーが皆無に等しいのです。

土佐の幕末に活躍した志士たちは自由民権運動の収束で官界・政界から綺麗に去ってしまいます。

わずかに残ったメンバーは長州、薩摩の派閥につくか、あるいは宮内庁に入ったりしているくらいです。

まあ、お手盛りで侯爵までいった佐々木三四郎と田中光顕、土佐帰化人水戸出身の香川敬三は子爵をもらってはいますが、彼らは業績より高い爵位をもらって、その地位に甘んじていたのは間違いありません。

しかし彼らも徐々に年をとっていくに従い、あまりの土佐の存在感の無さにかなりの焦りがあったのでしょう、どうしたら土佐の名前を復活させることができるかあれこれ知恵をめぐらした結果が、あの有名な明治天皇の皇后の枕元に坂本龍馬が現れて、「この度の日露開戦はご心配なきよう、私がお守りいたします」というあの伝説的なお話です。

この時の皇后宮大夫が先の香川敬三で、その上の上司が田中光顕でした。

このお話はまことによくできていて、彼らが皇后にこの人ではなかったですかと龍馬の写真を見せるとまちがいない、この人だといわれたという内容にまで出来あがっています。

明治政府をつくった人達の利害関係にたって考えれば、この政府は俺たちがつくったのだという強烈な自負心が薩摩と長州にはあります。

ですからことさらここで坂本龍馬の名前を出す必要もないし、むしろ危険思想をもった男だといわんばかりに闇の中に葬っているような動きさえある。

倒幕ということでは龍馬も薩摩、長州も利害関係は一致してはいますが、明らかに決定的な違いが存在します。

それは、龍馬や勝海舟が幕府を無血革命で終わりにするという立場に対して、後者はほぼ全員一致で武力革命を推進します。

つまりは15代将軍徳川慶喜を殺害し、それに係わる会津藩なども同様の措置で倒すというかなり過激なものでした。

海援隊の中身を覗いてみても、かなりアメリカの民主主義体制に傾倒していた龍馬、争いごとではなく話し合いで革命をおこすのだと最後の最後まで近江屋で暗殺されるまでがんばっていた男です。

長州も薩摩も彼がいなくなった暁にはおさらばしたいのが人間の自然な感情というもので事実そうしていたからこそ、そんな男がいたのかというほどのレベルで無名に近かった。

いまでいううざっとい奴です。

しかし上記土佐藩出身の侯爵たちの戦略で土佐藩の知名度をアップさせるのに使われた坂本龍馬がにわかに脚光をあびるのが明治も終わりになってから以降のことで、そこから先は現在にいたるまでうなぎ昇りにアップしていきます。

そんなかんなで、歴史好きなお方も意外に思われるかもしれませんが、こんな背景があったればこその坂本龍馬の存在感の変遷がそこにあったわけです。

いまだに誰の手で殺められたのかという謎が謎を呼ぶみたいなミステリー話で我々日本人は牛の反芻のように少しも謎解決をせずに喜んではいますが、僕が口をすっぱくしていつも話すのが、この時代は特に日本の中だけを見ていても少しも謎はとけないよということ。

もっと俯瞰で世界史の中での動きを見てみないと、この幕末の激動の中身を正確に把握することはできません。

なぜならこの幕末の歴史を動かしていたのは、幕府でも倒幕側でもなく、こともあろうにイギリスだったのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>