自然の中に住み、自然を描く、寺尾一郎のクレヨン画

カラヤン_R

クレヨンアートで描いた最晩年のカラヤン。

1989年春のザルツブルグ祝祭大劇場でプッチーニの歌劇「トスカ」の舞台リハーサル中の彼の後姿ですが、死がせまっていた彼の黄昏の雰囲気をだすのに苦労しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>