自然の中に住み、自然を描く、寺尾一郎のクレヨン画

d7f75cd7_R

皆さんはよく天気予報関係で、飛行機雲が現れているときは、大概翌日はお天気が崩れて雨になる確率が高くなるというお話を聞いたことがあると思います。

でも翌日も晴れるときなどは決して飛行機雲は現れません。一体なぜなのでしょうか。

実は天気は西から下り坂になっていくものですが、低気圧が近づいてくると、ジェット旅客機が飛ぶ上空7,000メートル付近の大気が普段より大量に湿った空気になっています。

そこに飛行機が飛んでくると、ジェットエンジンの後ろから物凄い勢いでジェット噴射しているガスが大凡800度近い猛烈な熱風のため、瞬時にして雲ができてしまうというわけ。

お湯を沸かすやかんが沸騰してくると白い湯気が大量に出てきますが、あれと同じ原理です。

そのためか翌日も天気が崩れないということは逆にいえば高気圧がまだいるため、上空の大気もほとんど乾燥しているので、こうした現象はおきなくなるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>