自然の中に住み、自然を描く、寺尾一郎のクレヨン画

IMG_1809_R

感性が豊かとはどういうことをいうのでしょうか。

あるお方から伺ったお話ですが、今の子供たちは「雪が溶けると何になる?」と質問するとほぼ全員が「水になる」と答えるそうです。

ところが、中にはたまに「春になる」と答える子供もいるのだとか。

今の学校教育では後者の答えは×にしますが、これは大いなる間違いというのが僕の強い持論です。

案の定、某大手企業も、就職面接でこの質問をして前者の答えをだす学生は不採用にするのだと言います。

なんでも詰め込み主義、暗記、暗記、すっかりおかげで今の子供たちは「考える力」や「感性」がなくなってしまったみたい。

「感性」は感じた心の表現が豊かな人ほど人間らしく、また魅力も感じますね。

戦後の日本の詰め込み減点主義教育の甘さがここへきて露呈しているというお話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>